【札幌イベント】ミュンヘン・クリスマス市でクリスマス気分を満喫!見どころまとめ♪

毎年の恒例となった札幌冬の祭典、「ミュンヘン・クリスマス市」★
2017年である今年は大通公園2丁目で、11月25日~12月24日のクリスマス・イヴまで開催されます♪美味しい料理やホットワインなどのドリンクなどを飲める他、クリスマスにちなんだグッズも数多く販売されています。今回はそんなミュンヘン・クリスマス市の魅力をご紹介していきます!

【ミュンヘン・クリスマス市とは?】

ミュンヘン・クリスマス市

すっかりお馴染みとなったミュンヘン・クリスマス市ですが、開催は今年で16回目。
姉妹都市であるドイツ ミュンヘンとの都市提携30周年を機に、札幌でも2002年からミュンヘン・クリスマス市がスタートしました★

ミュンヘン・クリスマス市 屋台

今では、クリスマスの飾りや人形、お菓子など数多くの屋台が立ち並び、大勢の人で賑わうイベントとなっています。会場には大きなクリスマスツリーや、屋台にも煌びやかなイルミネーションが施され、見て回るだけでも十分楽しめます♪

【クリスマスにちなんだ、お菓子やフードが盛りだくさん!】

クリスマスにちなんだ、お菓子やフード

会場で一番最初に目に入ったのはお菓子!どれもクリスマス感満載で、美味しそうです…!

クリスマス市 お土産 お菓子

見ているだけで楽しい気持ちになってくる、こんなお菓子がたくさん並べられていました!
お土産に買ったら喜ばれるだろうなあ~なんて思いつつ、パシャリ。
同じような形のお菓子でも、良く見ると微妙にデザインが異なるのも面白い!
色々見て、自分のお気に入りを見付けたくなります。

フードスペースの手作りアーモンド

会場にはフードスペースも。こちらは手作りアーモンド♪ 味はシナモン、チェリー、バニラ、カカオ。ボリューム満点で食べ応えがあります!

クリスマスの定番 ローストチキン

クリスマスの定番といえば、ローストチキン!目の前で炙られたチキンがそのまま提供されます★
見てるだけで食欲がそそられます…!

他にも、本場ドイツ産のソーセージやビール、ホットワインやホットカカオ、ジャーマンポテトのグラタンなど、豊富なラインナップとなっています♪

そして、ミュンヘン市の会場内で提供されるフードやドリンクは、リターナブル食器で提供されます。使用した食器は返却口がフードブースにあるので、そちらへ返却しましょう★

お手洗いは会場隣の大通公園3丁目内にあります♪

【クリスマスを楽しくするお土産も豊富♪ 】

サンタを象った人形 ドイツで大人気 アルペルマン

会場内には、サンタを象った人形や、ドイツで大人気の「アルペルマン」のバック、キャンドルハウスなど、たくさんのグッズが並べられています。馴染み深いものから、札幌ではあまり見かけないような物までズラリ★
クリスマスプレゼントを探している、こちらの会場内で探してみるのも楽しいかもしれません♪

クリスマスカードコレクション

会場内には、「クリスマスカードコレクション」のブースも★
こちらでは、毎年公募で集まったオリジナルのクリスマスカードが400点販売されています。
今時期しか買えない限定のカードなので、是非チェックしていただきたいスポットです!
クリスマスカードは1枚160円とリーズナブル♪

クリスマスカード 公募

こういった参加型のイベントも楽しいですよね★
北海道在住なら、プロ・アマ問わず誰でも参加出来るのだそう♪
来年も開催予定のようなので、興味がある方は是非、描いて応募してみてください!

【大通公園内では、ホワイト・イルミネーションも開催中!】

大通り公園 ホワイト・イルミネーション

ミュンヘン市会場から西側へ歩くと、色鮮やかなイルミネーションも楽しめます♪
大通公園内のイルミネーションは西8丁目まで展開されているので、是非歩いて、幻想的な光の世界を堪能してみてください★

大通公園7・8丁目 光のエキシビジョントンネル

こちらは大通公園7・8丁目内の「光のエキシビジョントンネル」。
ミュンヘン市同様、札幌の冬恒例となったイルミネーションですが、今年始めて「日本三大イルミネーション」に認定されました★
年々進化し続ける札幌のイルミネーション、今年も素晴らしかったです。是非一緒に体感してみてください♪

【まとめ】

ミュンヘン・クリスマス市 札幌

今年もミュンヘン市は見どころがたくさん!私も行きましたが、全部は回りきれず…。またクリスマスまでに行きたいなあ♪
是非、大通公園2丁目でクリスマスを感じてみてくださいね★

ライター紹介(この記事を書いた人)

札幌のライター。
“北海道で働く人”にスポットを当てたインタビューメディア「Michi×Hokkaido」運営。
北海道新聞の、旅インタビューコラム 「あの場所で」月に2回連載中。
インタビューや取材のご依頼は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

最初のコメントをしよう

必須